Stage

舞台音楽提供

2015

「悟らずの空」

浅野泰典 作・演出 劇団ジャングルベルシアター20周年公演
於 池袋シアターグリーン
作曲 音源制作を担当
オリジナルサウンドトラック iTunes

 

2014

「冬の怪談」

阿久悠 作    演出 今泉牧子

朗読劇の劇中曲を担当

2009

「土神ときつね」

宮澤賢治 原作。演出 高橋菜穂子。出演 渡部ギュウ — SENDAI座☆プロジェクト。

童話によるリーディングステージ。

劇中曲の全作曲、チェロ演奏を担当。

 

2007

「エレクトラ」

仙台演劇工房10-BOX主催。

ギリシャ劇のエレクトラを題材に大信ペリカン氏が脚本を担当。

現代のIT社会に生きる我々の視点で描いた復讐の物語。

劇中曲の全作曲、チェロ演奏を担当。演出:米澤牛

於:10-BOX

 

2006

「4:48サイコシス」サラ・ケイン

仙台演劇工房10-BOXの企画「演出者工房」。

若くして自ら命を絶った天才劇作家サラ・ケインに焦点を当てた作品。

劇中曲作曲およびチェロ演奏を担当。

仙台市民文化事業団のARSEN誌上の講評にも取り上げられ高い評価を受けた。

於:10-BOX

 

2004

「THE RIVER STORY」

宮城県南部の9つの地域を中心に結成された児童劇団AZ9の第11回公演。

劇中全音楽作曲およびチェロ演奏を担当。

脚本:石川祐人 演出:米澤牛 音楽:渋谷牧人 於:えずこホール

 

 「カルテット-ラクロによる-」

リーディングライブ HMサミットin金沢

劇作家ハイナー・ミュラーの作品の連続上演およびシンポジウムを金沢で開催。

千賀ゆうこ・米澤ギュウの二人の主演。劇中音楽作曲、およびチェロ独奏者として参加。

於:金沢市民芸術村ドラマ工房

 

2002

「アテルイの首-2002年版-」

米澤ギュウ一人芝居。菅原頑 原作。広島、大阪、金沢、新潟、川西、仙台、盛岡公演。

宮城県を代表する俳優、米澤ギュウの全国ツアー。

劇中音楽全ての作曲および楽師として出演。

アテルイの物語を現代社会におけるアメリカ中心に押し進められる「テロとの戦い」になぞらえ、

勝者の視点での歴史観に一石を投じる内容に仕上げた。

 

「夜交花」

男と女のすれちがいという、この永遠の劇作テーマを女性の繊細な視点でとらえた。

丹野久美子の代表作を米澤ギュウ、元井須美子の共演でプロデュースした作品。演出 阿部初美。

劇中音楽の作曲、及びピアノ演奏を担当。

ピアノ作品「紫陽花色の山の端に」初演。

於:エルパーク仙台・スタジオホール

作曲家 渋谷牧人 Official Website